胃カメラ

以下の項目に該当する方はご相談下さい

  • 胸焼けがする(胸が焼けるように感じる)
  • 慢性的に胃痛である
  • 吐き気や嘔吐が頻繁に起きる
  • 食後に胃がもたれる
  • 過去にピロリ菌の除菌を行った事がある
  • 喉に違和感を感じる(物が飲み込みにくい)
  • 口の中が苦く感じる
  • 慢性的に喘息のような咳が続く
  • 喫煙歴がある
  • 貧血、体重減少がある

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査とは胃カメラ検査とは、カメラが付いた細いスコープを鼻や口から挿入して、のど、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。胃カメラ検査では直接食道粘膜を観察する事ができるので、食道がん、胃がん、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、アニサキス症の感染、ピロリ菌の感染などの消化器の病気の観察・診断が可能となります。

40歳を過ぎたら胃カメラ検査を

2019年の日本人の癌の死亡数は、1位 肺、2位 大腸、3位 胃 との結果でした。上部消化管(口から十二指腸まで)で起こる一番怖い病気は癌です。がんは初期に発見されたものと進行して発見されたものでは、治療法の選択肢が全く異なってきます。
早期の胃がんを発見できれば、大学病院などの大きな施設で内視鏡的な手術による治療が出来る可能性がある時代となっておりますが、残念ながら早期胃がんは自覚症状を認めないことが多いのです。
胃カメラ検査を定期的に受けることで、早い時期での胃がんの発見に繋がる可能性が高まります。癌が進行してしまうと、潰瘍に伴う上腹部痛、腫瘍からの出欠に伴う吐血や下血、貧血など、または食べ物の通過障害、急激な体重減少などが発生します。

胃がんは40歳を過ぎると発症リスクが上昇すると言われています。40歳を過ぎても胃カメラ検査を受けた事がない方は一度ご受診される事を推奨します。また30代の方でも、進行胃癌を発症される方もおられます。胃カメラ検査は異常なしと指摘された方でも、毎年定期的に検査を受けることをおすすめしております。
胃がんの発症リスクが高まる40歳を過ぎましたら一度お受け頂く事を推奨します。

胃カメラ検査は苦しい・つらい検査であるとネガティブなイメージをお持ちの方も多くいらっしゃいますが、当院では皆様に快適に受けて頂く為に様々な工夫を行っています。
詳しくは下記をご覧下さい。

当院の胃カメラ検査の特徴

苦痛を抑えた鼻からの胃カメラ検査

当院では鼻から内視鏡スコープを挿入する ”経鼻胃カメラ検査” を行っております。従来の口からの胃カメラ検査では、舌の付け根部分にスコープが触れてしまう事で、検査中に吐き気(咽頭反射)を引き起こします。

しかし、当院が採用している経鼻胃カメラ検査の場合では、鼻からスコープを挿入するため舌の付け根には触れずにスコープを挿入できますので、検査中の咽頭反射を抑えた苦しくない検査を皆様にご提供ができます。

苦痛を抑えた鼻からの胃カメラ検査また、検査は鎮静剤を使って眠った状態でも、使わずに起きた状態でも検査を受けられます。鎮静剤を希望されない場合は、検査中に気になった事や不安な事はその場で医師や看護師に相談が出来ます。

眠って快適に受けられる口からの胃カメラ検査

当院では鼻からの胃カメラ検査以外でも、口からスコープを挿入していく経口カメラ検査も実施しています。経口胃カメラ検査ではスコープが舌の付け根に触れてしまうので、鎮静剤を使用しています。嚥下反射の強い方は経鼻胃カメラ検査でも鎮静剤を使用頂けます。
鎮静剤を使用する事で眠ってリラックスした状態で受けて頂けるので、喉や身体の力が抜けて検査中の苦痛を軽減させる事ができます。

女性医師による胃カメラ検査

胃カメラ検査は全件、女性医師が行います。豊富な検査経験により、不快感や苦痛を抑えて安心できる胃カメラ検査を皆様にご提供いたします。女性医師が検査を行いますので、女性の方でも安心して検査が受けられます。

富士フィルム製の最新スコープを完備

富士フィルム製の内視鏡スコープを当院では導入しています。内視鏡スコープの画質や解像度は近年大幅に改良されいます。レーザー光源を掲載した先進の内視鏡システムを使用しております。今まで発見が難しかった小さな癌の見落としの軽減が可能となりました。

土曜日も平日夕方も胃カメラ検査を実施

当院では、平日お仕事や家事でお忙しい方にも胃カメラ検査を受けて頂けるために、土曜日も胃カメラ検査を実施しています。また、平日の午後診療時間内でも胃カメラ検査を行っています。胃がんに負けない串間市の実現に向けて幅広い世代層の皆様に胃カメラ検査を提供して参ります。

※夕方の胃カメラ検査については当日のお食事内容によっては検査ができない場合もございます

急を要する胃カメラ検査も対応可能

「胃が痛い」「吐き気が止まらない」などの胃腸の急性症状を発症している方には、胃カメラ検査の予約をされていなくても、その日のうちに胃カメラ検査を行っています。ただ、当日のお食事内容によっては検査ができない場合もございますので先ずは当院までお問い合わせ下さい。

洗浄機について

当院では感染予防を目的に、胃カメラ検査で使用したスコープや処置具等は学会で定めているガイドラインに沿った方法で洗浄をしていますのでご安心ください。

胃カメラ検査でわかる病気

逆流性食道炎(胃食道逆流症)

食道内に胃酸が逆流する事で食道内が炎症が起こります。逆流性食道炎では「胸焼け」「胃もたれ」「のどの違和感」「長く続く咳」などの症状を感じます。

食道がん

「喉がしみる感じがする」「食べ物を飲み込む際につっかえる感じがする」などの症状をみられます。過度な飲酒や喫煙している方は発症リスクが高くなります。

萎縮性胃炎

ピロリ菌に感染する事で生じる胃炎です。萎縮性胃炎は慢性的に胃炎が生じており、治療せずに放置していると胃潰瘍や胃がんの発症リスクを高めてしまいます。

胃がん

「慢性的に続いている胃痛」「胃の不快感」「食欲不振」などの症状がよくみられます。ピロリ菌に感染している方は発症リスクが高くなります。発症初期では特に自覚症状を感じませんが、胃痛、胃の不快感などの症状を感じた頃には進行癌へと成長している場合もございます。胃がんの早期発見・早期治療は定期的に胃カメラ検査を受けて頂く事です。

(早期胃がん)
(進行胃がん:色素散布下)

胃潰瘍

胃粘膜上に潰瘍が生じる事で、「みぞおち付近が痛い(心窩部痛)」「胃もたれ」「吐き気」などの症状がみられます。治療が遅れると貧血を招く事もありますので、早めの治療が大切です。

十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜に潰瘍が生じる事で「胃痛」「吐き気」などの症状を引き起こします。十二指腸潰瘍の胃痛は特徴的で「空腹時に」生じる事が多いです。胃潰瘍と同様に治療が遅れると貧血を招く事もありますので早めの治療が大切です。

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染

胃の中でも生息する事ができる唯一の細菌です。ピロリ菌に感染していると胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんをはじめとした様々な病気の原因となります。ピロリ菌に感染している、又はご家族にピロリ菌に感染していた方がいらっしゃいましたら、一度検査を受けて頂く事を推奨します。

胃アニサキス症

アニサキスは魚介類(サバやイカなど)に寄生している寄生虫です。刺身やお寿司など火を通していない新鮮な海鮮類を食べた後に激痛を感じることがあります。アニサキス症を発症された際は胃カメラ検査で胃の中に入ったアニサキスを取り除く必要があります。

胃カメラ検査では上述しているような病気の診断ができます。

胃カメラ検査の流れ

検査前日

普段お飲みになられているお薬はお飲みいただいて構いませんが、一部のお薬は休薬とする事もありますので、検査を受けられる前に必ず医師までご相談ください。

胃カメラ検査前日の夕食は夜9時までにお済ませいただき、うどんなどの消化の良い物を摂取するようにしていただきます。また、夜9時以降は水、お茶やスポーツドリンク以外の色の付いたお飲み物の摂取はお控えください。

検査当日の朝

普段お飲みいただいているお薬がある方は事前に医師までご相談ください。胃カメラ検査の当日では、検査が始まる1時間前でしたらお水、お茶やスポーツドリンクなどの透明なお飲み物は少量であれば摂取しても構いません。お食事は胃カメラ検査が終わるまで食べる事が出来ません。
検査当日は受付で診察券と胃カメラ検査の同意書をご提出いただきますので、お時間に余裕をもってお越しいただきます。また、検査時は鎮静剤を使用する可能性もありますので、お車やバイク等でのご来院はお控えください。

検査後

鎮静薬を使わなかった場合は、検査後に診察室にて内視鏡の画像を見せつつ、検査結果を説明します。検査で鎮静薬を使用した場合は、薬の効果が切れるまでリカバリールームで休憩していただきます。休憩後に検査時に撮影した内視鏡の画像を見せつつ、検査結果を説明します。がんが疑われる部位が発見された際は生検する事もありますので、病理組織の診断に7日ほど日数がかかりますので、再度当院までお越しいただく事となります。

胃カメラ検査の費用

検査を受けられる患者様によって胃カメラの検査費用は異なります。あくまでも参考程度に料金表をご確認ください。

※スクロールで全体を表示します。

  1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ検査のみ 約2,000円 約3,000-4,000円 約6000円
胃カメラ検査

病理組織検
約3,500円 約6,500円 約10,000円
胃カメラ検査

ピロリ菌検査
約3,000円 約5,500円 約8,000円

お問い合わせ

お問い合わせ近年では胃がん検診の受診が推奨されるようになった、胃カメラ検査を行うクリニックが増えた事もあり、胃がんで亡くなる方が減少傾向にありますが、依然日本人の癌の死因の第3位です。胃がんは早期発見により身体の負担の少ない治療法が選択できる時代です。

この地域で胃がんで苦しむ方を減らす事が出来るよう、当院では今後も胃カメラ検査を1件1件丁寧に行います。胃がんに負けない地域を創る為にも、少しでもお腹の不調を感じられましたら医療機関までご相談ください。

TOPへ